ズバリいくら包めばいいの?結婚式のご祝儀

admin

祝ってあげたいけれど、お金の問題とはシビアなもの。

呼んでもらうとありがたく嬉しい結婚式。その人の人生で一番のお祝いの一つですからね。特に昔から親しい人の結婚式であればなおさらですよね。ただ、みなさん口には出さないものの悩むのがご祝儀。特に短い期間の内に連続で招待されると内心困るものですよね。さほど親しくない間柄の人からの招待であれば欠席するのもいいですが、親しい人の場合、「祝ってあげたい」と思うものの、お金の問題とはシビアなもの。祝儀の中身は一般的には三万円と言われていますが、本音としてはもう少し安く出来れば助かりますよね。

実際、二万円ってOKなの?

そもそもにどうして結婚式の祝儀の相場は三万円なのかと言いますと、二万円は式場や食事の実費、一万円が実際に新郎新婦に渡るお祝いだからとされています。二万円だと実費のみになってしまうんですね。それでも、一応、実費は払っているので問題ないという考え方もあります。また2だと割り切れる数字なので縁起が悪いという考え方もあります。なので、一万円札1枚と五千円札2枚の合計3枚にするという方法もあります。そうは言えど、二万円は許容範囲ではあるものの、やはり何か思われる可能性はあるようです。

最終的には気持ちの問題

自分より年下の親族の結婚式には五万円包む方が良いのかなど、考え出すとますます分からなくなる難しい問題ですが、最終的にはおめでとうという気持ちが伝われば問題ないのです。どうしても金銭的に困っている時であれば二万円でも、深い交友関係の友人であれば理解してくれるかもしれません。後から金銭的に余裕の出来た時に別の形で何か贈るのも良いですね。そうは言えど、やはり良い年の大人が一万円用意できないといえば余程のことでしょう。少しツラくとも、人生に一回きりのこと。本当に祝ってあげたい相手であれば、いくらか無理してでもやはり三万円以上入れておくのが無難ですね。

アクセス抜群の博多の結婚式場。観光スポットも多数あります。誰もが憧れる理想の式場が、式場豊富な博多だからこそ必ず見つかります。