知っておきたい!結婚式費用についての基礎知識

admin

結婚式費用の相場や負担額はいくら?

結婚式には多額の費用がかかることが知られていますが、全国的には300万円程度が相場だと言われています。しかし招待客によるご祝儀があるため、結婚式の主催者(つまり新郎新婦本人)が負担する費用は、全体として見るとかなり軽減されるのが一般的です。例えば、費用300万円の結婚式に70人を招待して、一人当たり平均で3万円のご祝儀(合計で210万円)があった場合、本人たちは、費用300万円から、ご祝儀分の210万円を差し引いた額である90万円を負担すればよいということになります。

ご祝儀の相場はいくら?

結婚式のご祝儀については、一人あたりにすると平均して3万円程度が相場だと言われています。つまり招待客が50人の場合は全体で150万円、そして100人の場合は300万円と計算すればよいということです。ただし、新郎新婦との関係性によってそれぞれ金額に違いがあるほか、地域によっても相場に違いがあると言われています。例えば兄弟・姉妹の場合は5万円程度、そして親族の場合は7万円程度が相場で、身内以外の場合は2万~3万円程度が相場だと言われています。

結婚式費用の支払い時期について

結婚式費用の支払いについては、結婚式場によってその方法が違うので、あらかじめチェックしておく必要があるでしょう。支払い方法については、主に、結婚式が行われる前に費用を支払わなければならないというケースと、結婚式後に支払い可能なケースに分かれます。なので、特に結婚式前に支払うケースについては、費用の全額をあらかじめ用意しなければならないため、自分たちで(ご祝儀に頼らずに)費用の工面しなければならないという点を注意すべきでしょう。

結婚式場を東京で契約する場合には、前もってスケジュールの組み方にこだわることや、スタッフとの連携に気を配ることが大事です。