結婚指輪を選ぶべきポイント!?3つの角度から見ていきましょう

admin

宝石の持つ意味から選んでみましょう

結婚指輪の種類が多くて、どの指輪が良いのか悩まれた時は、結婚指輪に付いている宝石から選んでみませんか?結婚指輪の宝石には多くの意味が込められています。その意味を知れば、どの結婚指輪を選べばいいのか分かるでしょう。まずダイヤモンドは永遠の絆を意味するのです。結婚されて永々のパートナーになる誓いの指輪にふさわしいと言えます。その他にエメラルドは夫婦愛や幸福を意味して、幸せな結婚生活を誓う意味で選ばれる方がいるでしょう。そしてアメジストには、誠実や高貴の意味があるので、浮気をしない事を誓いたい方に合う宝石と言えます。

アームデザインから選んでみましょう

結婚指輪に意味があるのは、宝石だけではありません。リングとなるアームデザインにも、意味があるので、リングから選ぶのも良いでしょう。まずスタンダードなデザインとなる「ストーレトタイプ」です。このタイプを指に付けても、日常生活に支障がありません。そして、シンプルなデザインで、シックなデザインを好む方から人気があるのです。次に「ウェーブ(S字)タイプ」を付けると、指が長くスリムに見えます。そのため女性から特に人気があるのです。最後に「ウェーブ(V字)タイプ」は指が細く見えるようになります。そのため、こちらの指輪も女性から人気のあるリングです。

相場を知って、価格から選んでみましょう

結婚指輪を選ぶ時に、もっとも悩むポイントが価格と言われています。それでは、どれほどの価格の指輪を購入すれば良いのか、まず相場を知りましょう。結婚指輪の平均購入価格は20~40万円と言われています。しかし多くの男性が気にするのは、安い指輪だと相手の女性に、満足してもらえないと思うでしょう。しかし結婚指輪を貰った98%近くの女性が、指輪に満足しているというデータがあります。そのように考えると、相場のなかで最も安い金額である20万円前後で選んで問題ないのかもしれません。しかし、もう少しお金をかけたい方は、気持ちの分だけ金額の多い指輪を購入されても良いでしょう。

実際に行われたユニークなプロポーズは、水族館の水槽の中やスカイダイビング中やバンジージャンプをしながらなどがあります。